ブログさらにはSNS全盛のこの時代に昔ながらのテキストサイトでお送りしております。
時代遅れを「クラシックスタイル」と言い張って、今日もムダ話を垂れ流していきますよ。

4月11日

まだ木曜か。。。キツいな。

子供がよく言っている。「週に五回も学校があるのは多過ぎる」だの、週始めは「明日から学校イヤだなぁ」だの、週末には「今週の学校が終わった。こんなに嬉しいことはない」だの。

学生をやっていられるうちに楽しんでおかないともったいないよと、諭すことにも飽きたものだが、分かっているけどつらいものはつらいと子供は言う。

そして今週、俺もよく分かった。
働かないと生きていけないのは知っているが、つらいものはつらいと。

4月9日

テレワークは人を堕落させる。
堕落した人間が言うのだから間違いがない。
そして、そんな堕人間もひとたび野に放り出されれば、真っ当に働くしかない。

なぜか働く現場はすぐに決まった。
年齢で弾かれそうなものだが、有り難い反面、大変な現場である可能性も感じる。

昨日と今日、久しぶりのスーツに身を包み、満員電車にもまれて出勤した。今日などは「台風なみの大雨」とやらに濡れながら歩いた。
通勤だけで疲れる。勤務時間ずっと仕事に向き合っていることにすら疲れる。
長い間、天候に左右されない安全な場所で温々と慣れた仕事をこなしていた。そんなヤン・ウェンリーの最も嫌うポジションから一転、前線へと戻ってきた。
これはリハビリなのだ。

4月2日

関東に出てくる車窓から見た景色が、心情と相まってとても寂しく映ったことを日記にしたためたあの日から、もう十年に近い時が経った。
友人の誘いを受けて参じた東京のお仕事でしたが、九年と八ヶ月間勤めましてついに終了を迎えました。

大阪に帰ろうか。。。
そう思う理由は二つ。
・友人知人のほとんどは関西にいる
・一人暮らしの親が実家にいる

俺は天下気ままなフリーランス。気の向くままに仕事をしながら日本各地を転々とするのもまた、楽しそうでよい。
「俺はあの雲のように自由気ままに生きるのよ」
かつてフリーランスの鏡ともいえる『雲のジュウザ』もそう言っていた。

しかし、そうもいかない。
十年前には幼かった我が家の子供たちはもはや千葉の人であり、気安く転校というわけにはいかないのだ。
実力に乏しいフリーランスにはその肩書に反して、なかなか自由な選択肢は無いようである。

3月30日

テレビを点ければ「大谷さん」なもので、今年は例年ほど熱心にオープン戦を見てはいなかったのですが、我がスワローズは怪我人だらけなのだそうな。
解説陣の順位予想は軒並み下位。根拠はいくらなんでも怪我人が多いからとのこと。

さて、そんな状態で昨日ペナントレースが開幕した。
現状はまだ2試合が終わっただけだが、その中でキャプテンと抑え投手と昨年頭角を現した若手外野手の3人が、さらなる故障者として二軍へと落ちていった。
どんどん主力選手が減っていく。

チームが怪我人だらけという話は、4年ほど前までは毎年のように同じことを書いていて、当時のチームは最下位が定位置でした。年間100敗しかけた年もあった。グラウンドがコンクリートか岩盤なんじゃないかと、本気で考えてたりした。
打線はそこそこだが投手力が低すぎるのもあの頃のまま。じつに雰囲気がよく似ている。

弱いスワローズの完全復活なのか。