戻る


7月10日

この春、タロウが枝豆を栽培すると言い出した。
栽培した豆を少し残して植え直してゆけば、一生枝豆には困らない自給自足が完成するのだと力説された。

植物には疎いもので、とりあえずホームセンターにて安価な鉢と土、そして種を買ってきた。
春に植木鉢へと蒔いた種が芽を出し、葉を増やしながら順調に背を伸ばしていった枝豆。
ふた月経つ頃には小さな実を付けたのです。

ところが、そんな実が次第に膨らんでいき、我らのよく知る枝豆へと近づくにつれて、枝豆たちの姿に大きな変化が現れてきました。
全体の緑の色が薄くなってきたかと思えば、葉が下から次々と枯れてゆき、茎のてっぺんに実を残し、終いにはこうなった。


ひとつ育てて実る枝豆が一房か二房、とても生産効率が悪く見えるのだが、こういうものなのだろうか。
(スーパーで見かけた茎付きの枝豆には、たくさんの房が付いていた記憶があるが……)


戻る