戻る


2020年1月3日

野球に暗黙のルールがあるらしいとは知っていましたが、その内容が詳しく書かれているコラムを見つけました。

アンリトン・ルールというそうです。
それは大会規約に記載されていないが、とくに国際大会での暗黙のルール(不文律)。 マナーとリスペクト。スポーツマンシップとして当然、理解した上でプレーすることが求められるのだそうな。

 大量得点差(7点差以上、相手が格下の際は5点差以上)では
「盗塁禁止=捕逸を除く」
「スクイズ禁止」
「けん制球禁止」
「3ボール0ストライクから打ってはいけない」
「控え選手を多く起用してはいけない」。

また、試合前から明らかな実力差があると分かっているときには
「投手は変化球を投げず、ストレートのみ」
「盗塁禁止」
「ガッツポーズ禁止」
「相手捕手のサイン、動作の盗み見は禁止」
とある。

スポーツマンシップとは、手を抜くことだったのですね。
俺はてっきり、どんな相手にでも全力でぶつかることがスポーツマンシップだと思っていました。
相手を馬鹿にしているのかと思える行為が世の中ではリスペクト、難しいですね。

もしも序盤の7点差から手を抜いて、流れが相手に移ったために逆転負けでもしたら、どうしてくれるんだろう。


1月13日

我が家からガンダムベースへと赴く際の途中の乗換駅が『新木場』だった。新木場は、ただの乗換駅として認識していたのだ。


今日、久しぶりに草野球のお誘いを受けた。 指定されたグラウンドの場所は『夢の島』。
そう、大阪に住んでいた俺でも聞いたことがある。 たしか、ゴミで埋め立てた場所に『夢の島』などという皮肉った名を付けた場所だ。
そのような場所、冒険ものの漫画であれば、間違いなく人間を誘い込む罠である。

中学生の頃に読んだ『3×3EYES』って漫画の5巻だか6巻くらいで、主人公が夢の島で戦っていたのが、俺の夢の島へのイメージの全てだった。

さて、草野球の場合として指定された夢の島。最寄り駅を調べてみると、新木場駅だという。
新木場は下りたこともなく、たたの乗換駅だったのだが、そうか、そこが夢の島だったのか。

降りてみると、このような様子。



思ってたのと違う……

ゴミ溜めの荒野にグラウンドが在るのかと思いきや、周りは公園で木もある。

足場は全て粗大ゴミ、ゴミの冷蔵庫には死体の一つも入っている。そんなイメージの夢の島とはえらい違いだった。


1月18日

最寄り駅の自動改札。
ふだんと何の変わりもなく、財布ごとSUICAをかざして通過しようとした。
タイミングを同じくして隣の自動改札機を通ろうとしたのが、国際社会とは縁遠い俺でも一目で判る風貌の外国人の方。
しかし、そんな外国人側の自動改札機のゲートが開くことなく、無常にも赤いランプと共におなじみの警告音が鳴った。

「サノバビッチ!」

ああっ!? 言った!
歌の上手い黒人さんだけが出せそうな高い裏声で。
英語が苦手な俺でも聞き取れた。
本場のサノバビッチである。

一日の終わりにとても良いものを聞かせてもらい、得した気になったのは何故だろう。一日の疲れが吹き飛んだ。

いつの日か、「ガッデム!」を聞くことができれば、もう思い残すことはない。


戻る