戻る


7月1日

枝豆が好きでして、
とくに茹でたての『八尾の枝豆』をこよなく愛する者であります。

そんな俺の影響か、王子(3歳)も枝豆の呪縛に捕らわれた悲しき宿命。
休日の夕食では、茹でたての枝豆を2人でバクついているのが、我が家の見慣れた光景。

そんな王子が先日、
 畑に枝豆を探しに行きたい! 
と言い出した。
これはいよいよマニア的な要求を繰り出してきた。

そんなこんなで、よし、散歩がてら行ってみるか。
と、2人で散歩にくり出した。

ちなみに我が家の『散歩』とは、
王子を自転車の前に乗せて、延々走り回るという、自転車を漕いでる俺だけが疲れるイベントのことある。
初期の頃は近所をブラブラと適当に走るだけでしたが、だんだん遠くの地に踏み込んでいき、 最近ではもはや住んでる八尾市に知らない道は無いのではないかというくらい走りたおすと共に、 2つ隣の市くらいまでなら遠征に躊躇が無くなってしまっているのです。

山の方へ行くほど、枝豆畑が在るのではないかというとくに根拠のない予測から、信貴山方面へと漕ぎ出し、 途中通りかかった畑で自転車を停めては、横から畑を覗いて
 あれは枝豆かな? 
などと相談するだけの企画。

途中から自転車を押して坂を延々と上がる苦行を経て、ケーブルカーの駅まで到達。
付近の畑を観察し、木の柵にかけられたツルになっている豆を枝豆と断定して帰ってきました。



あれから時が経ち、先日、八尾市広報で見つけた『枝豆掘り』に当たりまして、
指定されたこれまた山の手の畑へ枝豆を採りに行ってきました。

ここで初めて知ったのが、枝豆ってのが土からワサワサと生えた、足のヒザくらいまでの高さの 茎と葉の中にごろごろと生っているということ。
見た目が思ってたのと違う。
先日枝豆と断定してきたものは、枝豆ではないのですね。。。

形を知ってしまえば色々と見えてくるようで、
何より残念なものを今日見つけたのが、
山まで探しに行かなくても、ウチの斜め前の畑に生えてるの、
全部あれ枝豆だわ。。。


7月7日

本屋に行ってみて気付いたこと。
なぜか今、『零戦』に関する本や雑誌が出まくっているようです。

今に限らず戦後ずっとマスコミは『日本軍』に冷たくてですね、
零戦の活躍や英雄譚なんて見せないですよね。
なので、マスコミの影響力が絶大だった日本では、ほとんどの人は、例えば零戦のエースパイロット達など 知る機会も無かったものですよ。

それが最近ではネットの力は強いですね。
色々とみんなが知る機会が増えて、このような『零戦』本が売れるようなご時勢になったんですから。


それはそうと今『零戦』本が出まくっている直接の理由は、
・小説『海賊とよばれた男』が今年かなり話題になっている。
    ↓
・それをキッカケに、筆者の百田尚樹のデビュー作『永遠の0』がかなり泣ける名作ということが  知られるようになって、再ブレイクしている。
    ↓
・そこで『永遠の0』のベースとなっている日本海軍の主力戦闘機『零戦』の本が続々と出版される。

ということではないかな?
というのが俺の予想です。


■■■7/13追記■■■

ジブリの新作映画『風立ちぬ』が発表されましたが、
この主人公が零戦の設計をした堀越二郎をモデルにしているようです。

理由はコッチかもしれませんね。


7月14日

参議院選挙まであと1週間ですね。
そろそろマスコミの印象操作や誘導も露骨になってくるかなと思うと、ついつい毎日や朝日の番組を見てしまいます。

今回の選挙の争点は「憲法96条の改正」と言われてまして、色々なメディアで論争が行われています。

ここからが俺の素朴な疑問。

日本では「左」の、簡単にいうと日本を売り渡したがる政党や組織が、軒並み憲法改正に反対の立場をとるので、 非常に見分け易いですよね。
しかし日本を売ったり壊したりするには、憲法を自分たちに都合のいいように変更し易くなるこの憲法96条改正ってのは 願ってもない改正に見えるのですが、なぜ反対なのだろうか。

現状の無防備な日本の状態がベストなため、むしろこのままを保ちたいからなのか。
それとも、他の憲法改正を犠牲にしてでも、錦の御旗の憲法9条を死守したいのか。

まぁいづれにせよ、近隣の反日国家や左の人達が憲法96条改正を嫌がっているということは、
日本の国益としてはそれを進めるのが正解という証左なのでしょう。


8月12日

2度もぶった。親父にもぶたれたことないのに。
それが甘ったれなんだ。殴られもせずに1人前になった奴がどこにいるものか。
はい。知る人ぞ知る、ガンダムの名言です。

しかし近年では、子供へのしつけといえど、叩くのは駄目というのが世の中の一般的な風潮。
学校なんかでもどんなにタチの悪い生徒が居ても、教師が手を上げようものなら、
教師の方が首を切られ、生徒はのうのうと学校生活を続けるのが今の日本。

最近テレビでよく見る尾木ママもよく言ってます。
子供がどんなに悪さをしたり言うことをきかなくても、
常に「どうしたの?」と聞いてあげて、決して手を上げてはいけないそうです。
尾木ママが「どうしたの?」って感じですが、
ヨーロッパをはじめ海外では、子供を叩くなんてことは決してせず、 優しく言って聞かせるのだそうで、叩くというしつけの選択肢が議論になるような日本は、 この分野では世界に遅れをとっているのだとか。


海外が日本より治安が悪いのは、そのせいじゃないか?と思えてしかたがないのは俺だけでしょうか。



俺はというと、あまり体罰を多様して育てるのは嫌いなのですが、
子供が何しても絶対に叩かないという縛りを設けるのもどうかというのが正直なところ。
ここはという場合には時として叩くのもアリなのではないかと思っている次第です。

ウチの王子は良く言うと「ヤンチャ」な部類に入るようで、特に最近困っているのが、人を叩く事。

子供が近くを通ったりすると、面白半分に叩きに行こうとすることがよくあります。
親は全力で止める訳ですが、3歳になって瞬発力が上がってきており、止められないことも多々。
結果、「ごめんね」「すみません」と相手に謝ることももう慣れてきた。
俺もヨメ様もしつこいくらいに怒ったり言って聞かせたりしていますが、直らないのが悩ましいところです。

そんな中での昨日、家での話ですが、王子が面白がってヨメ様を叩いていました。
「やめなさい!」とヨメ様が叱っても、何度もやるんですよね。

これはそろそろ父ちゃんが厳しくいくところかな?と思いまして、
俺が強めに王子を叩きつつ大きな声で叱りつけました。

王子は痛かったのとびっくりしたので泣き喚いております。
そんな王子をヨメ様がなだめるように話しています。

「ホントは父ちゃんも叩きたくなんてなかったけど、解かってもらいたくて叩いたのよ」
「叩かれると痛いでしょ?」
「いつも王子が人を叩くけど、叩かれる方はこんなに痛くて悲しいのよ」

そんな声が聞こえてくる中、俺は右手を押さえている。
気の小ささが小動物並みの俺は人を叩いたことが無かったもので、 どうも叩き方が上手くなかったらしく、頭の堅いところを叩いて逆に指にダメージを負ったらしい。
打撃技を仕掛けた方が明らかに痛がっているというプロレスでよく見られるアレです。

右手中指の第1関節あたりを押さえながら、「まさか折れてないよな」などと不安に沈む俺が居ましたが、
ヨメ様が「叩かれる痛み」を教えている今、俺が痛がっている事を悟られるわけにはいかない。
王子に気付かれようものなら「叩く方が痛い」などと言い出しかねない。


翌日、指の痛みが少しマシになり、ホッとしている俺の横で、
ヨメ様と「昨日父親に叩かれたことなど憶えていない」といった要旨の会話をする王子の声が聞こえてきました。

残ったのは俺の手の痛みだけか。。。


8月31日

『はだしのゲン』が昨年12月から松江市内の市立小中学校で閲覧制限がかかっていることについて、 その賛否を巡って物議をかもしておりました件について。

さっきチラリと見たワイドショーでまだやってたところをみると、 騒ぎはまだ落ち着いてないんですね。

表現の自由があるので、「こーいう漫画もあるんだね」ということでいいと思うのですが、
問題はそんなことではなくて、
「何でコレを学校に常備する必要があるのか」
ってところです。


そもそも『ワンピース』や『ドラゴンボール』を小学校に持って行って読んでたら、 先生に怒られるのですが、
何故、同じジャンプコミックスの『はだしのゲン』は学校側が率先して読ませようとするのか。

ここを深く考えると、何かが見えてくるのは私だけでしょうか。

まぁそもそも少年ジャンプではすぐに連載打ち切りになって、
その後は左翼系機関紙を転々として連載された漫画ですからね。


戻る